温泉の効果減弱について

皮膚病に温泉療法が有効であることは論を俟たないでしょう。 私は、免疫抑制外用剤によるリバウンドを初めて経験したとき、ある温泉で湯治を行い劇的に改善した経験をもっています。 以来、皮膚がひどく悪化するたびに温泉へ行き、改善...

酒井千佳氏の告白

フリーアナウンサーで気象予報士としても活躍している酒井千佳氏が、幼い頃からアトピー性皮膚炎を患ってきたことを先週ブログで告白しました。 「告白|酒井千佳オフィシャルブログ」 そして、去年から始めた「脱ステロイド」などによ...

プロアクティブ療法はいつまで続ければよいのか?(3)

当初は3か月 プロアクティブ療法、すなわち寛解導入後にステロイド外用薬等を週2回程度塗布することにより寛解状態を維持する療法について、当サイトでも度々取り上げてきました。 私の疑問点は、プロアクティブ療法をいつまで続けれ...

デュピクセント所感

2018年4月17日、厚生労働省がデュピルマブ(販売名:デュピクセント皮下注 300 ㎎シリンジ)の最適使用推進ガイドラインを発表しました。 この機会に、デュピクセントについて現時点で思うことを記しておきたいと思います。...

2017年 冬の経過

全体の経過 2016年の冬は大変な悪化をしたので、次の冬、つまり2017年の冬も、かなり悪化するだろうと想定していました。 そこで、悪化することが前もってわかっているなら、何らかの対策を取るべきだと考えました。 去年は温...

TOP