脱保湿の失敗例

学習能力に乏しい私 私が脱保湿に初めて取り組んだのは2011年のことでした。 ステロイド外用薬およびタクロリムス外用薬からの離脱は、それよりも何年も前に済ませています。以降、市販の保湿剤や止痒剤などを使い続けてきて、それ...

脱保湿は必要か不要か?

脱保湿の捉え方 脱保湿には賛否両論があるといわれます。脱保湿をして改善する人もいれば、脱保湿をして悪化する人もいるという考え方です。私は、この考え方に従うと脱保湿についての判断を誤るように思います。 まず、そうした考え方...

脱風呂について

脱風呂も善し悪し アトピー性皮膚炎患者にとって、「入浴」は重要なテーマのひとつだと思います。 シャワーの刺激 湯船に浸かるか否か 塩素 石けん シャンプー タオル 洗顔 少し考えただけでも、さまざまな要素が挙げられるうえ...

TOP