皮膚科が最大のリスク

私は、アトピー性皮膚炎と診断された人たちの多くは、ステロイド外用薬が原因で、症状が悪化したり、遷延化しているものと考えています。

そのステロイド外用薬は、一般に皮膚科や小児科で処方されます。

したがって、いわゆるアトピー性皮膚炎を生じさせる最大のリスクは何かと問われれば、

「皮膚科や小児科へ行くこと」と答えます。

 

親しい人から、「子供がアトピーかもしれない」と相談されたら、

皮膚科や小児科へ行ってはいけないと助言します。

すでに行ってしまっていたなら、

ステロイドとプロトピックを使ってはいけないと助言します。

 

もし私の子供に湿疹が出たら、海水浴に連れて行ったり、温泉に通わせます。

大抵は、それで治るでしょう。そして、「この子が小さいときには温泉に通ったものだ」と、思い出話のひとつになるでしょう。

けれども、皮膚科や小児科へ通わせてステロイドを塗るようになれば、大人になっても塗り続けることになるかもしれません。思い出話どころか、いつまでも家族の悩みの種として残るかもしれません。

ステロイドの危険性に気づいて脱ステロイドをしたとしても、私のように脱ステロイドから10年以上経ちながら、皮膚の不安定な状態が続く者もいます。

私の経過が思わしくない理由は定かではありませんが、いつも私が思うのは、あの時ステロイドとプロトピックを塗っていなければどうなっていただろう、ということです。

塗らなければもっとより良い人生を送っていたのではないかと後悔するのです。

ですから、湿疹ができたときに、いかに皮膚科や小児科に頼らないで治癒させるか、この最大のリスクをどう避けるかがカギだと思います。

 

他に何か付け加えることがあるでしょうか。

私はこのブログで、原則として、皮膚科医の名前の後に「先生」という敬称をつけないようにしてきました。

なぜなら、私は皮膚科医に対して尊敬の念を抱いていないからです。「先生」などの敬称は、尊敬の念を表すときに用いる接尾語です。

私は、これまでに診てもらった外科医、整形外科医、内科医、眼科医、耳鼻科医、歯科医らに対しては、敬意を持ち得ます。

しかし、皮膚科医に対しては、本当にごく一部を除き、敬意を持てません。

私が皮膚科医に対して抱くイメージは、皮膚科医であるのに皮膚を見ず、ステロイドを安易に処方し、患者の話を聞かず、医師としての説明責任を果たさない、といったものです。

そして、その結果、病人を作り出しているかもしれないこと、そのことに本人が気づいていないことを、残念に思います。

外科医や内科医らの人生は、病気を治し続ける人生かもしれません。けれども、皮膚科医の人生は、病気を作り続ける人生である、というのが私の正直な見方です。

3件のコメント

  1. おっしゃる通りです。
    医療の基本が正しい診断と適切な治療なので、アトピーと一旦診断されれば、お決まりの治療となり、あとは皮膚を診なくても、ぬり薬の処方とぬり方の指導が永遠に続きます。
    私が常々言っているように、患者さんはアトピーではなく、皮膚の異常や変化がある方です。皮膚は内臓の鏡であるため、皮膚の異常や変化をじっくりみて触る、その変化の原因を内臓の異常として捉えて対応しなければ、皮膚科の値打ちもなく、ぬり薬だけ使うペンキ屋と思われます。

  2. 初めてこのブログを読むにも向けたコメントをさせていただきます。
    このブログの著者がこのように結論を出すまでに非常に深い考察をされております。そこをご理解ください。私から背景をすこし付け加えさせていただきます。
    背景
    ①ステロイド外用剤の売り上げとともに増える大人になっても治らない成人アトピー患者by東京大学病院発表のグラフ
    ②ステロイド外用剤の売り上げとともに増えるアトピー性皮膚炎の患者
    ③幼児期にステロイドを塗ったであろう場所に成人になってからアトピーが発症しやすいという皮膚科医の経験

    この三つだけでも皮膚科医がステロイドによりアトピー性皮膚炎の患者を増加させていると言えるぐらいの状況証拠です。そこに最新の研究であるエピジェネティクスにより「ステロイドが遺伝子発現を長期間および半永久的に変えてしまう」事が示されたわけです。
    皮膚科が最大のリスクであることはほぼ確定しております。

    しかし皮膚科および皮膚科医の罪はこの先にあります。皮膚科医たちはステロイドの副作用などについての情報を手に入れることができる立場にあるのにも関わらずここ三十年以上の間ステロイドを投与し続け、さらにはステロイドの投与を推進してきたのです。これもアトピー性皮膚炎の標準治療の指針からわかることです。皮膚科医は罪人です。

    皆さん、現実を正しくご理解ください。ステロイドはアトピー性皮膚炎を悪化させます。遺伝子に記録を残します。そしてその記録が子供にも遺伝する可能性すら言われてきています。良い人生のためにNoステロイドNoプロトピックを。

    ステロイドによる悪化とプロトピックによる悪化、両方を体験した犠牲者より

  3. ほんとうにその通りです。
    私も皮膚科医の被害者です。
    幼い頃、私の皮膚を治そうと病院に連れて行ってくれた母や父、祖母を恨むことはできません。なぜなら私のためにしてくれたことですから。
    恨むべきは、皮膚科医です。
    一皮膚科医だけでなく、ステロイドやプロトピックを塗ろうと研究してますガイドラインに載せたひとたちです。大した根拠もないくせにリスクも考慮しないで、自分たちの利益ばかり考えて出した結論でこんなにも苦しい思いをしなければならなくなった人たちのことも虫けらみたいに扱って。

栗木安弘 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP