免疫抑制剤

先日記事で紹介したデュピルマブが、免疫抑制剤のなかでどのように位置づけられるか、簡易的に分類してみました。

日本国内におけるアトピー性皮膚炎に使用される免疫抑制剤には、現時点で、副腎皮質ステロイド薬およびカルシニューリン阻害薬があります。

以下、代表的な薬剤一覧です。(  )内は代表的な商品名です。

 

副腎皮質ステロイド薬

  • プレドニゾロン(プレドニン)

 

細胞毒性薬

いわゆる「従来の抗がん剤」。低用量で免疫抑制作用。

 

アルキル化剤

  • シクロフォスファミド(エンドキサン)

 

代謝拮抗薬

プリン代謝拮抗薬

  • アザチオプリン(イムラン)

葉酸代謝拮抗薬

  • メトトレキサート(リウマトレックス)

 

細胞障害性抗生物質

  • ドキソルビシン(アドリアシン)

 

分子標的治療薬

低分子医薬品

チロシンキナーゼ阻害薬

  • ゲフィチニブ(イレッサ)

Rafキナーゼ阻害薬

  • ソラフェニブ(ネクサバール)

CDK阻害薬

  • パルボシクリブ(イブランス)

MEK阻害薬

  • トラメチニブ(メキニスト)

プロテアソーム阻害薬

  • ボルテゾミブ(ベルケイド)

 

生物学的製剤(抗体医薬品)

ポリクローナル抗体

  • 抗ヒト胸腺細胞グロブリン(サイモグロブリン)

モノクローナル抗体

抗ヒトTNFα抗体
  • インフリキシマブ(レミケード) キメラ抗体
  • アダリムマブ(ヒュミラ) ヒト抗体
  • セルトリズマブペゴル(シムジア) PEG化ヒト化抗体
抗ヒトIL-6受容体抗体
  • トシリズマブ(アクテムラ) ヒト化抗体
抗ヒトIL-12/23p40抗体
  • ウステキヌマブ(ステラーラ) ヒト抗体
抗ヒトCD20抗体
  • リツキシマブ(リツキサン) キメラ抗体
抗ヒトIgE抗体
  • オマリズマブ(ゾレア) ヒト化抗体
抗ヒトIL-4/IL-13抗体
  • デュピルマブ(デュピクセント)  ヒト抗体

 

T細胞共刺激分子阻害薬

  • アバタセプト(オレンシア)

TNF阻害薬

  • エタネルセプト(エンブレル)

カルシニューリン阻害薬

  • シクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)
  • タクロリムス水和物(プログラフ、プロトピック)

mTOR阻害薬

  • エベロリムス(サーティカン)

JAK阻害薬

  • トファシチニブ(ゼルヤンツ)

核酸医薬品

VEGF阻害薬

  • ペガプタニブ(マクジェン)

 

 

(本稿は信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP